ぼくが愛してやまないウェブサービスがあります。
クックパッドです。かれこれ3年間は有料課金ユーザーです。今後も当面有料会員のままでしょう。もう生活に無くてはならないサービスですねー。

以前はレシピ見て作るだけだったんだけど、せっかく有料会員なんだしもっと使い倒そうと、現在では「つくれぽ」送ったりレシピアップしたりヘビーに利用しています。そうやってヘビーに使っていると、どんどん楽しくなっていくんですよね。もう他のレシピサービスに移れない!!

cook

こちらがぼくのマイキッチンです。クックパッドは夫婦で使っていて、レシピ見て作って「つくれぽ」送っているのは僕、レシピアップしているのは妻です。

余談ですが、弁当男子まーちんって「いい歳して男子って!」的な恥ずかしさがあり、ユーザーネーム変更しようと思ったんですよ。そしたらクックパッドはユーザーネームが変更できないのですよ。少し前に問い合わせしたけどNGとの事でした。

さて、そんなクックパッドについて、書きたいことは沢山ありますけどまずは「つくれぽ」について軽めに。

クックパッド使ったことない人は「つくれぽ」って馴染みがないかもしれないので簡単に説明します。

つくれぽって何?

クックパッドに投稿されたレシピを見て作ったら、作った報告を写真と32文字のメッセージでレシピ作者に送れる機能です。「作ったよレポート」略して「つくれぽ」です。沢山つくれぽが来ているレシピは美味しい。っていう寸法です。

僕の場合は、料理力向上のために2011年から本格的につくれぽ送るようになり、2011年は100つくれぽ 2012年は150つくれぽと、年間につくれぽ目標を決めて取り組みました。おかげで結構上達しましたね~。そんな使い方もありです。

他にも、前に作ったあの料理なんだっけ~?って時もつくれぽ送っていると辿れます。今日何作ろうかな~なんて時もつくれぽ見返していると決まったりします。つくれぽ色々と便利なんです。

つくれぽが届くと超うれしい

妻がレシピアップして、今は29件のつくれぽ頂いてるんですけど、つくれぽ届くとめっちゃテンションあがります!嬉しいんですよね(自分レシピアップしてないのに 笑)。クックパッドが愛される理由の一つだと思います。すごくハッピーなコミュニケーションなんです。

だから、みんな作ったら極力つくれぽ送ってあげてください。それだけでレシピ書いた人がハッピーになります。

考え込まれた設計

メッセージ32文字しか書けないって短いと思いません?
140文字のTwitterですら短いと言われていたのに32文字。

でも、今まで300以上つくれぽ送っていて感じたのは32文字って丁度良い。美味しかった+α一文簡単な感想を添えられる程度だから、送る方も苦にならないんです。これが200文字書けたりしたらコミュニケーションが変わっていたと思います。

沢山書かなきゃいけない空気が生まれていたかもしれない。あんまり書いてくれないと、受け取る側も嫌な気持ちになっちゃうかもしれない。

32文字しかかけないからこそ、送る方も苦にならないし、その中で美味しかった想いを伝える工夫が生まれる。その設計があって、良いコミュニティが生まれたんだと思います。


以上、クックパッドについてでした。
これからもクックパッド関係のネタやノウハウは書いていきたいと思います。

ではまた。

シェアとかいいね!とかはてブしてもらえると励みになります。