写真 2013-06-02 10 02 49

ずっとやりたかったけど機会が無かった陶芸。
ようやく念願叶ってろくろ回してきましたよ!それも箱根で!

というわけで、箱根にあるクラフトハウスで電動ろくろ体験してきました。

クラフトハウスは箱根強羅公園内にある体験工房で、吹きガラス・サンドブラスト・陶芸(手びねり陶芸・電動ロクロ)・ドライフラワーの体験ができます。小さめのショップが併設されていてプロが作った工芸品も購入できます。

箱根強羅公園内にはバラ園があったり熱帯植物の温室があったり、植物好きはとても楽しめる施設になっています。入園料500円かかるんですけど、箱根フリーパスを持ってた私達は無料で入れました。

そんな公園の中にクラフトハウスは有ります。つまり入園料を払わないとクラフトハウスまでたどり着けないのです。さすが観光地!でも箱根フリーパス持っていけばフリー!

陶芸体験は大人気!早起きして行きましょう

クラフトハウスの体験工房は団体じゃないと事前予約ができません。お目当ての電動ろくろ体験は一度に4名しか体験できず人気も高いそうです。「こりゃ早く行くしかない!」と、開園時間の9時めがけて行きました。

開園10分前に公園につくと、既に門の前に4~5人。考える事は同じか!僕らの後ろにも人が並んで行き、開園時間には十数人の列ができていました。門が開くと共にクラフトハウスまで一直線に向かい、一番最初のクラスに申し込む事が出来ました。

ちなみに箱根フリーパスを持っていない場合は、公園の門を入った所で入園料を支払うため、時間のロスになります。やっぱり箱根フリーパスがオススメです。(しつこい)

電動ろくろ陶芸体験スタート!

一番早い9時30分のクラスが始まるまで、公園を見たりクラフトハウス内を見学したりして時間つぶしていると係の人から呼ばれて、いよいよ陶芸体験がスタート!

写真 2013-06-02 9 07 39
教室はキレイです。壁がなんだかオシャレ。

電動ろくろ体験は全部で40分。
最初の10分は講師から説明と基本的なやり方を聞き、残りの30分で作品を作っていきます。

まず講師に作りたいものを伝えると、土台となる凹状までの工程を講師がやってくれます。陶芸初心者も安心ですね。そこからは、ろくろを使って作りたい形を目指して作っていきます。

ろくろめちゃくちゃ楽しいです!夢中で粘土を弄っていると無言になります。途中「グチャ」って崩れそうになっても、すかさず講師が華麗な手さばきで直してくれます 笑

だいたい形が出来上がると、講師が土台から作品を切り離してくれて完成です(ついでにちょっと綺麗にしてくれます)。難しい箇所は全部講師がやってくれるから初心者でも安心!

そんなこんなであっという間に30分の陶芸体験は終わり、なんとか2作品を完成させました。

作品No.1「華麗なる丼」
写真 2013-06-02 10 10 06

作品No.2「華麗なる皿」
写真 2013-06-02 10 10 11

如何でしょうか?
初めてとは思えない美しさ。
どうやらこれがセンスというものらしいです。

陶芸体験が終わった後は焼成する作品を選びます。
しかし2個とも自分で作った作品です。両方とも焼く事にしました。

ここで大事な料金体系の話です。

料金体系

料金は電動ろくろの基本使用料&作り終わった作品の焼成費です。

作品の焼成する個数、大きさ、釉薬(焼き物のうわぐすり。色です)によって金額が変わるため後払いになります。これが中々落とし穴でした。

基本料金
電動ろくろ基本使用料:2,600円。

これは個数に関係なくかかってきます。
以下は全て1個の値段です。

焼成費
焼成費は作品の直径によって変わります。

分け方サイズ焼成費
特々大30cm以内3,600円
特大25cm以内2,100円
20cm以内1,600円
15cm以内1,300円
10cm以内900円

釉薬
釉薬は全部で12種類。色によって料金が変わります。
写真 2013-06-02 10 06 49
1~6は無料
トルコ青、青磁、ルリ、ピンクは 500円
上の二つは 限定色で1,000円

他にも、縁に金を塗るとか底にガラスを入れるとか多彩な有料オプションがあります。
写真 2013-06-02 10 10 24

送料
1ヵ所につき、元払い850円(梱包手数料含む。)

合計金額
最低一個は焼成しなければいけないルールになっています。

結局僕らは2人で合計4個を焼成して釉薬も一番高い1,000円のを選び、合計で15,000円かかりました。完成品の到着は2か月後です。

金額を聞いてビックリ!完全に観光地価格ですね。
今回の箱根旅行で一番お金使いました。

陶芸体験終わってみて感想

初めての陶芸体験楽しかったです!

確かに値段は高かったけど、こんな機会でもない限り陶芸やらなかったんじゃないかな?

そう思うと行って良かったと思います。ちょっとコツを掴めたタイミングで終わっちゃったから、今度は近場の陶芸教室に行ってみようと思います。

クラフトハウスでは陶芸以外にも色々な工房体験ができるし、公園自体も見所たっぷり!皆さんも箱根旅行の際にいかがでしょうか?

完成品が届いたらまたブログにアップします!

シェアとかいいね!とかはてブしてもらえると励みになります。