UFOではありません。息子です。

画像3

0歳から始める赤ちゃん用首浮き輪「スイマーバ(swimava)」を初めました。超可愛くないですか!?

0歳から始める赤ちゃん用首浮き輪「スイマーバ(swimava)」とは?

スイマーバ(swimava)はイギリスで生まれた赤ちゃんのエクササイズを目的としたうきわ型スポーツ知育用具です。

初見だと首大丈夫?って思いますけど、赤ちゃんのアゴを載せて固定するように出来ています。決して首を締めているわけではありません。1ヶ月の新生児から18ヶ月、11kgまで使えます。

スイマーバ公式サイトから説明文を引用します。

スイマーバは英国で発売以来、世界中の赤ちゃんが生まれて初めてのエクササイズを目的としたうきわ型スポーツ知育用具として愛用されています。

この水に浮かぶ事から始まるプレスイミングは羊水にいた頃の記憶を忘れないうちから手で水をつかむ感覚、浮いている感覚、水に浸かっている感覚に親しみ、水への抵抗感や恐怖感をぬぐいさること、水中でのバランス感覚や心身ともに感覚を刺激することで好奇心を促す事につながります。

ちゃんとエクササイズ用に作られているんですね。

スイマーバ公式の動画もあります。

実際にスイマーバを使ってみた。

アゴを使って固定する首浮き輪って本当に大丈夫なの?最初は心配になりました。実際に付けてみたら泣きもせず、まんざらでもなさそうなので昨日使ってみました。

膨らませたスイマーバ

小さい空気入れが付属されているので、それを使って空気を入れます。浮き輪自体小さいのですぐに空気入りました。空気は入れすぎないようにします。説明書には端にしわが残る程度って書いてありました。

お風呂場に行く前に試着してみてください。アゴを載せるのが少しコツが必要そうです。赤ちゃんが苦しがったり嫌がったら使用は控えましょう。

スイマーバをはめた息子

まんざらでもない表情です。
なぜかスイマーバ中ずっとヨダレ垂らしていましたが、全く苦しそうではなかったので問題無さそうです。スイマーバに慣れるまで垂れるんでしょうか。ヨダレはたまに拭いてあげましょう。

スイマーバであっちにいく息子

あっちいったり

スイマーバでこっちにいく息子

こっちいったり。
カエルみたいに泳いでいます。

手足をバタバタさせて移動してる姿が超可愛い!

さすがに方向転換までは出来ないみたいなので、端まで行ったら逆向かせる。そしたらまたバタバタして端まで移動。「あーー」とか「はーう」とか声出したながらご機嫌そうに泳いでいます。

初日は20分くらいで止めておきましたが、かわいすぎて親はメロメロです。これからのお風呂が更に楽しくなりそうです。

スイマーバを使うメリット

スイマーバは親が楽しむだけではありません。ちゃんとメリットがあります。

手足の動かし方を学べる

水中は負荷が少ないため赤ちゃんが比較的自由に動けます。まだハイハイも出来ない赤ちゃんでも手足の動かし方を学べるため、運動神経を鍛える役割にもなります。

水中で足の使い方を覚えればハイハイも早く覚えるかもしれませんね。それについては息子の今後の動向をまたお伝えしようと思います。

水への恐怖感を無くせる

スイマーバを付けてお風呂に入れると、顔に水がつかないため、水を怖がる赤ちゃんでもスムーズに水へ慣れる事ができるようです。

うちの息子はどちらかというと水が好きみたいなので、検証できず。

疲れて寝付きが良くなる

普通にお風呂入れる場合は、親が赤ちゃんを保持しているため大した運動になりません。スイマーバの場合は赤ちゃん自身が手足をバタバタ動かすため、運動効果があるみたいです。

最近はお風呂から出た後は泣く事が多かったのですが、昨日はスイマーバで体力使ったのか、お風呂から出た後、バウンサーで勝手に寝てくれました。これは助かる!

赤ちゃんは体力があまりないため長時間のお風呂は避けてください。説明書には35℃+−2℃程度のお湯加減で30分までと記載があります。しっかり守って安全なスイマーバを心がけましょう。

しっかりと説明書を読んで事故無く使用しましょう!

悲しい事ですがスイマーバを使って事故も起きてしまっているようです。

だいたいの事故は、目を離した隙にスイマーバが外れてしまい赤ちゃんが溺れてしまったというものです。スイマーバは赤ちゃんを一人でお風呂に入れるためのモノではありません。説明書を良く読み、スイマーバを適切に装着し、使用中は赤ちゃんから目を離さないようにしてください。

公式サイトにも注意事項として載っています。

Amazonで売っています。

ちゃんと正規輸入品を購入しましょう。


新生児のいるご家庭の皆様、スイマーバ楽しいですよ!

こちらの記事も合わせてどうぞ

シェアとかいいね!とかはてブしてもらえると励みになります。