iPhone5sに機種変更してやりたかったこと。Shibafulケースを付けること!

画像1

これがShibafulケースです。見てくださいこの繊細な毛先。質感がすごく良い。

これずっと欲しかったんですよ。iPhone5の頃にリリースされて、5用しか無かったから4sの僕はどれだけ悔やんだか。これのためだけにiPhone5に機種変更したかったくらい。結局しなかったわけだけど。割賦残りまくってたしね。

そんなわけで待ちました!

iPhone5sに機種変更すると言ったら会社の先輩がくれました。超嬉しい!ありがとうございます!

手のひらに公園を|芝生のモバイルアクセサリーブランド Shibaful

shibaful

Shibaful公式サイトにこの繊細さの秘密が記載されていました。

都心にありながら緑あふれる代々木公園の芝生をイメージし、毛の長さや色のブレンドまで徹底的にこだわって作り上げたパイルを、職人が植毛しています。静電植毛により、垂直に立たせた状態でケース側面やエッジの部分まで植毛することができ、繊細で美しい日本芝の質感と手触りを再現しました。

ただ植毛しているだけでは無く、素材から植毛技術までしっかりと拘って作られています。素晴らしい職人芸です。

ケースのお値段はAmazon価格で3,980円。安くはないけどこのクオリティならば満足です。iPhone5用ですがiPhone5sも対応しています。

ファーストインプレッション

芝目は非常に細かく、触った感触は良好です。こんな芝なら部屋に敷きたい。うちのリビングも芝生っぽいラグを敷いているんですけど、この感触のラグがあったら欲しい。全面に敷き詰めたい。

手で持った感触は、ふわっとしていて慣れるまで落としそうですが、半日経ったら慣れました。最初の違和感を我慢すれば大丈夫!アグレッシブにゲームやる人には不向きかも?

衝撃吸収力は芝だけに優れていそうです。僕はベッドにもiPhone持って入るんですけど、寝てる最中にベッドからiPhone落としてしまう事があります。

今まで付けていたケースはハード目な素材だったため、ベッドから落とした時の音で息子が起きると妻から苦情を言われていました。Shibafulなら落としても音が鳴らなそうだから安眠できそうです。

まるでミニチュア

繊細な毛先は芝生をそのままミニチュア化したような雰囲気。そうなるとこういう事がしたくなります。

牧草地

家にあるシュライヒの子牛と子豚を乗せてみました。完全にミニチュア牧場です。デコりたくなってきます。

ShibafulはAmazonで購入できます。


自然を愛する優しい心を持つ人は是非。手のひらに公園を。

シェアとかいいね!とかはてブしてもらえると励みになります。