martin's kitchen

料理のことを書いています

高田馬場がっつり系ランチ老舗「洋庖丁」のポークからし焼肉ランチ

先日、高田馬場に用事があったので久しぶりに「洋庖丁(ようぼうちょう)」でランチを食べてきました。洋庖丁はガッツリ系ランチの老舗。高田馬場店は1976年から営業しているから今年で38年目。

洋庖丁は、15年前に東中野の爬虫類屋でバイトしていた頃、東中野の駅前にあって頻繁に通っていました。というかバイト入った日はほぼ毎日食べてた。思い出の味です。

東中野店は既に無くなっておりますが、都内の城西・城北地区に点々と存在します。

どれも美味しいけど、特に「ポークからし焼き肉ランチ」が絶品。今回は久しぶりの来店なので「ポークからし焼肉ランチ」を食べます。他には「スタミナ焼ランチ」もオススメ。

高田馬場から洋庖丁までの行き方

この日はあいにくの雨でしたがJR高田馬場駅から徒歩数分だったため、苦にならずに辿り着けました。駅近って素晴らしい。

画像11

JR高田馬場駅を出るとすぐにある「さかえ通り」に入っていきます。

画像10

1分ほど歩くと見えてくる「定食 こめこめや」の看板が目印。数店入っているアーケードの中に「洋庖丁 高田馬場店 」はあります。

画像6

歴史を感じさせる非常に渋い佇まい。看板が昭和ですね。

画像7

外にある券売機でチケットを購入します。

画像8

僕が買ったのは「ポークからし焼肉ランチ(大盛)」720円。大盛で720円はリーズナブル。さすが学生の街 高田馬場です。

スパイシーでご飯がすすむ「ポークからし焼肉ランチ」

おばちゃんにチケット渡して待ちます。お昼時を外したおかげか店内は半分くらいの客入り。お店は洋庖丁Tシャツを着たおやっさんと、おばちゃん2人で切り盛りしていて、席はカウンターの10席のみ。

画像1

お水と一緒にたくあんが出てきました。つまみながら待ちます。おやっさんはひたすら調理しています。

画像2

5分程度して「ポークからし焼肉ランチ(大盛)」が到着!付け合わせにキャベツとカレー粉で炒めたスパゲッティ。味噌汁もついてきます。

画像4

ご飯。ちょっと大盛りにして失敗。これお茶碗3杯分くらいある・・。

画像3

そしてメインの肉。このビジュアルを見た途端15年前を思い出します。そのくらい、まったく変わっていません。当時のまま。

画像1

からし焼肉という名前ですが、特にからしを使っていたり、すんごい辛いわけではなく、豪快にかけられた黒こしょうの事なんです。

シンプルな味付けながらも間違いなく美味しい。黒こしょうのスパイシーな味でご飯がすすみます。引くくらいの大盛りご飯も食べきってしまいました。

15年前と変わらず美味しかったです!

高田馬場でガッツリ系ランチ食べたい方は迷わず洋庖丁にいきましょう!

© Martin's Kitchen All Rights Reserved.