image

土鍋の蓋をあけるとそこは......

鮭とイクラの土鍋ご飯

\鮭の国だった/

はい、なんのひねりもございません。

週末に作ったこちらのレシピがとても美味しかったので紹介します。

鮭とイクラの土鍋ご飯

この見た目。なんて食欲を刺激するんでしょうか。よくあるサーモンといくらののっけ丼も良いんですが、こう寒くなってくると温かいご飯が食べたくなります。

寒い時期はよく炊き込みご飯を作るんですけど、新しいレパートリーを増やしたくて、最近よく参考にしてる「プロのレシピ」を見ていたところ出会いました。

もうパット見のビジュアルがやばいです。ひと目見て作ろうと決意しました。

詳しいレシピは上記参考頂くとして、材料も鮭・いくら・れんこんなど普通に買えるものだけで出来ます。炊き込みご飯なので手順もシンプル。

お味はというと、出汁をベースにしょうゆとバターが効いたこくのある味で息子も立ち上がって土鍋に突進するくらいパクパク食べてくれました。(この日がイクラ初めて食べさせたんですけど、イクラも気に入ったみたいで土鍋からイクラを直取りしてました。)

とにかく家族大喜び。

個人的にレンコンがとても美味しかったです。あんなにレンコンて美味しいのかと。鮭よりレンコンもっと食べたかった。

ポイントとして、味のベースはだしになるため、顆粒ではなくちゃんと昆布とカツオでだしを取った方が良いです。全然味が変わりますよ。

この号のオレンジページは、他にも美味しそうな炊き込みご飯のレシピがいくつかあったので、それもまた作りたいと思います。

特にこの「焼き帆立と長いもの土鍋ご飯」なんて良いなぁ。

いつもの炊き込みご飯もいいけれど、新しいレシピに挑戦すると、また食の楽しみが増えて良いですね。

このかまどさんを愛用してます。ご飯はもう全部これで炊いてます。


オレペの掲載号はこちら


シェアとかいいね!とかはてブしてもらえると励みになります。