martin's kitchen

料理のことを書いています

ドイツの家庭料理「リンダールーラーデン」の作り方

ドイツ料理って聞いて何を思い浮かべますか?
ソーセージ、ザワークラウト、ジャガイモ、このくらいじゃないでしょうか?

ドイツのソーセージ

確かにドイツの白いソーセージ「ヴァイスヴルスト」は最高に美味しいし、付け合わせのジャガイモもほくほくでソーセージの肉汁を染み込ませながら食べるのも良い。ザワークラウトは酸っぱいから好きじゃない。しかしドイツ料理はそれだけじゃないんです。

今日は、僕が小さい頃から食べてきたドイツの家庭料理「リンダールーラーデン」を紹介します。

ドイツ料理「リンダールーラーデン(Rinderrouladen)」とは?

リンダールーラーデン(Rinderrouladen)

レストランでは食べられないドイツの家庭料理。Rinderは「牛肉」、rouladenは「巻いた料理」を意味します。薄切り牛肉にベーコンと玉ねぎをのせて巻き、たっぷりのマスタードを塗って煮込みます。ビールにもワインにも合う記念日などにピッタリの肉料理です。

地域によって、ピクルスや人参を入れたり、デミグラスで煮たり、また付け合わせにも地域によって異なるようです。

リンダールーラーデン(Rinderrouladen)の作り方

母から伝授してもらったリンダールーラーデンの作り方を紹介します。クックパッドにもレシピはアップしてありますので、興味ある方はマイフォルダに登録してくださいませ。

Cpicon ドイツ料理 リンダー・ルラーデン by 弁当男子のまーちん

リンダールーラーデンの材料(4人分 6個)

  • 牛もも薄切り肉:12枚
  • ベーコン:12枚
  • 玉ねぎ:3個
  • ディジョンマスタード:おおさじ3
  • 塩:適量
  • こしょう:適量

材料はいたってシンプル。特別なスパイスなどは一切使いません。マスタードは粒なしのディジョンマスタードを使用します。一般的なスーパーなら売っていると思います。

ドイツでは7mm程度の厚さでスライスされたリンダールーダーデン用の牛もも肉が売っていますが、日本ではまず売っていないため、しゃぶしゃぶ用の薄切りもも肉を2枚重ねて代用しています。長さがないと巻けないので購入する前に確認してください。25cmくらいあると十分に巻けます。

玉ねぎは1個を薄切りにスライス、残り2個は煮込む時に入れるので、1/4にざく切りしておいてください。

工程

画像1

牛肉を広げて2枚重ね、臭み消しに塩こしょうをふります。ベーコンに塩気があるから塩は控えめに。

画像2

ベーコンを2枚のせます。巻き始め側に寄せてください。

画像3

薄切りにした玉ねぎをベーコンの上に乗せます。

画像4

肉を巻いていきます。ほどけないようにキツく巻いてください。玉ねぎが横からはみ出さないように内に入れながら巻いて下さい。巻き終えたら横を押して少し形を整えます。

画像5

こんな感じで6個作ります。

画像1

ディジョンマスタードをたっぷり塗ります。

画像2

6こ塗り終えました。

画像3

鍋の底面、側面に油を塗り少し加熱した後、肉の巻き終わりを下にして敷き詰めていきます。

画像4

敷き詰めたら中強火で肉に焼き色をつけていきます。焼き色ついたら面を90度回転させて、全面焼き色をつけます。

画像6

玉ねぎを投入して、残ったマスタードも入れて、蓋をして1時間ほど煮込んでいきます。

玉ねぎから水分が出るため、水は一切入れません。

完成!

画像7

1時間たって蓋を開けてこんな感じになっていれば完成です。味を見て物足りないようなら塩こしょうで調整してください。

画像8

付け合わせに、茹でたジャガイモを用意して盛りつけるとソースと相性良くて◎

肉の旨味、玉ねぎの甘味、ベーコンの塩気にマスタードが良い感じで包み込んで何とも言えない深い味付けです。シンプルな材料でこんな味になるなんてビックリ!

小さい頃から誕生日やクリスマスに母が作ってくれました。やっと作り方を教わって自分で作れるようになったから、今度は僕が息子に食べさせてあげようと思います。

© Martin's Kitchen All Rights Reserved.